Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

農政局でメールアドレスの漏洩が頻発 - 全国でのべ300回以上

各地の農政局でメールアドレスの流出が頻繁に発生したことがわかった。2006年4月から2007年4月まで調査を進めたところ、関東や東北をはじめ、300回以上にわたり流出が発生していたという。

2007年4月に全国の農政局でメールの配信ミスによりメールアドレスが流出したことを受け、各農政局では調査を進めていたもの。食品や食糧関係業務でメールを送信する際、宛先に設定し、メールアドレスが流出するミスが多数発生していたことがわかった。

関東農政局では、流出したメールアドレス件数はのべ155件で、のべ206回の送信ミスが発生した。また、東北農政局で、メールアドレス84件について102回のミスが判明。

中国四国農政局においても17回の送信ミス、のべ20件のメールアドレスの漏洩が判明したほか、近畿では5回にわたり10件、北陸では5回わたり5件、九州でも2006年6月や8月に2回にわたり3件が流出が明らかになっている。

いずれも送信ミスでも、二次被害等は確認されていないとしているが、謝罪のメールなどを送信したという。

(Security NEXT - 2007/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も