Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイルの特徴から機密情報を判断して持ち出し防止 - 「LeakProof」

日立システムアンドサービスは、ファイルの特徴から機密情報を判断して外部への持ち出しを防止する「LeakProof」の販売を開始した。

同製品は、米Provillaが開発した情報漏洩防止製品。ネットワーク機器「LeakProof Server」とクライアントソフト「LeakProof Agent」を組み合わせることで、メモリなどの外部記憶媒体やネットワーク経由でのファイル持ち出しを防止する。

ファイルの特徴を抽出して照合することで機密情報を判断し、ファイル名の変更やキーワード削除などの改ざんを施した持ち出しについても防止することができる。ファイルの特徴は、Provillaの「DataDNA」技術により約1Kバイトの固定情報で管理されるため、ファイルサイズに影響を受けず処理が可能。

また、メール添付やファイル転送ソフトなど、ネットワーク経由でのファイル持ち出しも防止し、圧縮ファイルや暗号化ファイルの持ち出しを禁止するほか。ユーザーごとのアクセス権限や機密扱いの期限など、詳細な設定も可能となっている。

(Security NEXT - 2007/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件