Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイルの特徴から機密情報を判断して持ち出し防止 - 「LeakProof」

日立システムアンドサービスは、ファイルの特徴から機密情報を判断して外部への持ち出しを防止する「LeakProof」の販売を開始した。

同製品は、米Provillaが開発した情報漏洩防止製品。ネットワーク機器「LeakProof Server」とクライアントソフト「LeakProof Agent」を組み合わせることで、メモリなどの外部記憶媒体やネットワーク経由でのファイル持ち出しを防止する。

ファイルの特徴を抽出して照合することで機密情報を判断し、ファイル名の変更やキーワード削除などの改ざんを施した持ち出しについても防止することができる。ファイルの特徴は、Provillaの「DataDNA」技術により約1Kバイトの固定情報で管理されるため、ファイルサイズに影響を受けず処理が可能。

また、メール添付やファイル転送ソフトなど、ネットワーク経由でのファイル持ち出しも防止し、圧縮ファイルや暗号化ファイルの持ち出しを禁止するほか。ユーザーごとのアクセス権限や機密扱いの期限など、詳細な設定も可能となっている。

(Security NEXT - 2007/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「日本シーサート協議会」が正式名称に - 法人名と通称を統一
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県
「IaaS」や「PaaS」上の設定不備を診断するサービス