Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HPをリモート監視して改ざんを検知する「WEB P@TROLLER」 - ネットワールド

ネットワールドは、ホームページを外部から監視して改ざんや障害を検知するアプライアンス「WEB P@TROLLER」を6月13日より発売する。

同製品は、ホームページを遠隔地から監視して改ざんや障害を検知し、メールで通知するアプライアンス。KDDI研究所と神戸大学の森井昌克教授による共同研究による改ざん判定アルゴリズムを組み込んだことで、正規の更新と改ざんの判別を実現している。また、ダウンロード時に受け取るエラーメッセージやダウンロード速度などで障害の発生も検知できる。

サーバの設定変更や専用のソフトは必要なく、サーバのトップページを監視先に指定するだけで、自動的に監視すべきファイルを選択することが可能。ホームページ間のリンク構造を全探索する機能により、ファイル種別の統計値、リンク切れ、遅延ファイルなどを把握でき、ホームページの品質管理にも利用できる。

(Security NEXT - 2007/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断