Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

口座番号など記載された「PiTaPa」入会申込書が所在不明に

電子決済サービス「PiTaPa」の入会申込書13通や管理台帳が所在不明になっていることがわかった。

所在がわからなくなっているのは、京都市営地下鉄京都駅構内において申し込まれた「京都ぷらすOSAKA PiTaPa」の入会申込書13通や連絡先が記載された管理台帳。申込書には、顧客の氏名、住所、電話番号のほか、口座番号なども記載されていたという。また管理台帳には申込者13名のほか、仮受付者13名の連絡先が含まれている。

申込書と管理台帳は、受付後に大阪メトロサービスやカード会社へ業務委託先から郵送されるはずだったが、いずれも未着になったという。日本郵政公社の調査でも判明しておらず、同社では警察へ遺失物届を提出している。また申込者の特定ができておらず、心当たりがある場合は連絡してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII