Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティ対策ソフトもバージョンアップ? 日本語対応の最新版に注意

セキュリティソフトを騙り、偽の感染アラートなどで購入を迫るマルウェア「WinAntiVirusPro 2007」の日本語版が確認された。

「WinAntiVirusPro」は、ウイルスやスパイウェアなど実際に存在しないにもかかわらず感染報告を表示し、「削除のためには購入する必要がある」として金銭を詐取するマルウェア。

2006年に「WinAntiVirusPro 2006」として登場以来、英語版だけでなく日本語版も出回っていた。最新バージョンとなる「同2007」では、先に英語版が登場していたが、セキュリティベンダーであるウェブルート・ソフトウェアでは、今回日本語対応版の存在を確認したという。

ウェブルートでは、同ソフトをインストールしてしまった場合もアンインストーラで削除が可能なため、危険性は低いとしているが、誤って購入しないよう注意を促している。

(Security NEXT - 2007/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA