Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティ対策ソフトもバージョンアップ? 日本語対応の最新版に注意

セキュリティソフトを騙り、偽の感染アラートなどで購入を迫るマルウェア「WinAntiVirusPro 2007」の日本語版が確認された。

「WinAntiVirusPro」は、ウイルスやスパイウェアなど実際に存在しないにもかかわらず感染報告を表示し、「削除のためには購入する必要がある」として金銭を詐取するマルウェア。

2006年に「WinAntiVirusPro 2006」として登場以来、英語版だけでなく日本語版も出回っていた。最新バージョンとなる「同2007」では、先に英語版が登場していたが、セキュリティベンダーであるウェブルート・ソフトウェアでは、今回日本語対応版の存在を確認したという。

ウェブルートでは、同ソフトをインストールしてしまった場合もアンインストーラで削除が可能なため、危険性は低いとしているが、誤って購入しないよう注意を促している。

(Security NEXT - 2007/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室
米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘