Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国交省の防災情報システムに不正アクセス - 誤情報を配信

国土交通省の防災情報システムが不正アクセスを受け、誤情報を発信したことがわかった。

外部より不正アクセスを受けたのは、同省北陸地方整備局神通川水系砂防事務所が運営する土砂災害発生対策用の防災メールシステム。5月15日に13回にわたり緊急情報がメールで不正に発信されたという。

システムには、国土交通省の職員や自治体関係者のほか、一般利用者など含む44名が登録されているが、誤情報は関係者31名のみに配信された。また不正アクセスの被害は誤情報の発信のみで、個人情報の漏洩といった被害もなかったとしている。同事務所では、原因究明を進めている。

(Security NEXT - 2007/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を