Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報流出の原因は設定不備 - メナードが調査結果

日本メナード化粧品が運営するウェブサイトから個人情報が外部へ流出した問題で、同社では調査結果を明らかにした。

同社では、4月13日に関連サイトから個人情報165件が流出した可能性を公表、その後の調査を進めていた。同社によれば、2006年12月30日から2007年4月10日にかけて、「薬用リシアルEXサイト」の「リシアルスタイル」ページや、「フェイシャルサロンサイト」における資料請求、同社サイトの「お問い合わせ」などを利用した顧客の個人情報が外部へ流出していることが判明したという。

含まれる個人情報は、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、年齢や性別、職業のほか、担当者との間で送受信した内容など。同社によると今回の事故原因はメールにおけるセキュリティの設定不備で、外部から閲覧できる状態になった。

同社では問題が発生したシステムを停止し、ウェブサイトで受け付けた個人情報を閲覧するコンピュータを1台に限定したという。またセキュリティの設定変更後、閲覧できない状態であることを確認、関連する顧客へ謝罪する書面を送付した。ウェブサイトについては、システムを変更し、漏洩の可能がなくなったとして公開を再開している。

(Security NEXT - 2007/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開