Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通顧客の個人情報638件がインターネット上へ流出

富士通の顧客情報が、ファイル交換ソフトを通じてインターネットへ流出したことがわかった。

富士通よりコンピュータの修理を受託していた富士通ゼネラル関連会社従業員のパソコンを経由してインターネット上へ流出したもの。流出したデータは、2001年10月から2002年4月までの間に同社製コンピュータを修理した顧客情報の一部で、氏名や住所、電話番号など638件の個人情報が含まれる。

11日の時点で不正に利用されたとの報告はないという。富士通と富士通ゼネラルでは、関連する顧客に対して書面を通じて個別に事情を説明、謝罪するという。

(Security NEXT - 2007/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を