Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外拠点で活用できる情報漏洩防止ソリューションの新版 - ALSI

アルプスシステムインテグレーションは、内部からの情報漏洩を防止するソリューションの最新版「DocumentSecurity ver3.5」を6月1日より発売する。マルチリンガル対応により企業の海外拠点における情報漏洩対策などに活用できる。

同製品は、ファイルの暗号化やアクセス制限、ログ監査などのセキュリティ機能を備えた情報漏洩防止ソリューション。今回発売の最新版では、日本語のほか英語、中国語の繁体字および簡体字、韓国語、ドイツ語、フランス語、チェコ語など、7カ国8言語のOSに対応。

海外拠点間において暗号化された文書についても共有が可能で、各拠点のクライアントPCを一括管理できる。また、各国の言語で作成された文書の保護や利用状況を把握することができる。

同社では、大企業をはじめ、海外展開する企業をターゲットに拡販を目指す。価格は、50クライアントで183万7500円から。

(Security NEXT - 2007/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE