Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外拠点で活用できる情報漏洩防止ソリューションの新版 - ALSI

アルプスシステムインテグレーションは、内部からの情報漏洩を防止するソリューションの最新版「DocumentSecurity ver3.5」を6月1日より発売する。マルチリンガル対応により企業の海外拠点における情報漏洩対策などに活用できる。

同製品は、ファイルの暗号化やアクセス制限、ログ監査などのセキュリティ機能を備えた情報漏洩防止ソリューション。今回発売の最新版では、日本語のほか英語、中国語の繁体字および簡体字、韓国語、ドイツ語、フランス語、チェコ語など、7カ国8言語のOSに対応。

海外拠点間において暗号化された文書についても共有が可能で、各拠点のクライアントPCを一括管理できる。また、各国の言語で作成された文書の保護や利用状況を把握することができる。

同社では、大企業をはじめ、海外展開する企業をターゲットに拡販を目指す。価格は、50クライアントで183万7500円から。

(Security NEXT - 2007/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性