Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むメールを自動で暗号化するシステム - NEC

NECとNECソフトは、メールフィルタリングソフトとメール暗号化ソフトを組み合わせた「メール自動暗号化システム」を、6月1日より発売する。

同システムは、メールフィルタリング製品「GUARDIANWALL」とメール暗号化製品「PGP Universal」、およびPCサーバ「Express5800/120Ri-2」を連携させたセキュリティソリューション。個人情報や機密情報を含むメールを自動的に暗号化して送信できる。

「GUARDIANWALL」の個人情報検査機能により、個人情報や機密情報が含まれるメールを検出。該当するメールは「PGP Universal」が自動的に暗号化して送信する。暗号化の判断および処理がシステム側で一括して行われるため、ユーザーの操作負担が軽減されるほか、セキュリティポリシーに基づいた暗号化が行える。

(Security NEXT - 2007/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正