Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福島第2原発内でノートPC盗難 - 機微情報は含まれず

東京電力福島第2原子力発電所構内で、5月1日に原子力発電所に関する情報が保管されていたパソコンの盗難が発生した。

東京電力福島第二原子力発電所内にある日立プラントテクノロジーの事務所内においてノートパソコンを紛失したもの。4月30日夜から5月1日にかけて盗まれたとみられている。

日立プラントでは、パソコン内に原発の保安や核物質防護などに関する情報は含まれていないとしており、原子力安全・保安院でも確認したという。パソコンのハードディスクには、パスワードが設定されていたほか、盗難防止ワイヤーなど利用されていたという。

(Security NEXT - 2007/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処