Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SP盤など劣化進む歴史的音源の保存目指す - 業界6団体が協議会設置

アナログレコード初期のSP盤など、歴史的価値が高い音源を保存、有効活用するため、業界6団体は「歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)」を設置した。

SP盤は、LP盤が発売される以前の初期のレコード。音楽だけでなく演説やニュースなど歴史的記録なども多い。回転数が78回転と早いため1枚あたりの記録時間が短く、クラシックなど交響曲の場合、複数になることもある。また材質の問題で、劣化しやすく、落下により破損しやすい。

同協議会では、歴史的や文化的な側面から資産価値が高いSP盤の音源保存を目指すもので、収録技術や音声フォーマットを検討する技術検討部会と、運用ルールの策定する運用検討部会を設置。

1900年から1950年ごろまでに国内で製作された音楽や演説などのSP盤や金属原盤など約7万曲を対象に、2008度からメタデータの整備や音源のアーカイブを開始。2011年度から公開する計画だ。

参加団体は、日本放送協会、日本音楽著作権協会、日本芸能実演家団体協議会、日本伝統文化振興財団、映像産業振興機構、日本レコード協会の6団体。

(Security NEXT - 2007/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA