Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システム、不正接続防止ソフトの機能拡張版をリリース

日立システムアンドサービスは、ネットワークへの不正接続を防止するソフトの最新版「オープンネット・ガード Ver3.1」を、4月18日より発売する。セキュリティ監査機能などを追加し、日本版SOX法への対応を支援する。

同製品は、登録した端末だけ社内ネットワークへの接続を許可するMACアドレス認証型DHCPサーバソフト。不正パソコンの接続を検知するとともに、ジュニパーネットワークスのNetScreenシリーズやSSGシリーズとの連携により、不正な接続を遮断する。

最新版では、新規端末の登録や利用者の変更、利用期間の延長、不要パソコンの利用停止などの手続きを、ワークフローから申請できるようになった。これにより、MACアドレスの登録、更新作業が簡素化され、最新の管理情報の把握が容易になる。

またエンタープライズ版には、端末のセキュリティ状況をチェックする「PC監査機能」が提供される。ウイルス対策やOSの脆弱性対策の状況を確認し、5段階評価のうち最も危険度の高い「隔離レベル」の端末については、ネットワークへの接続を強制的に遮断する。

価格は、200クライアントの場合でスタンダード版が92万4000円。エンタープライズ版が103万2000円。

(Security NEXT - 2007/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中