Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

椙山女学園大学、個人情報含むPCが教授宅で盗難

椙山女学園大学は、4月2日に人間関係学部教授の自宅で盗難が発生し、卒業生45名の個人情報が保存されたパソコンが何者かに盗まれたと発表した。

今回の被害で持ち去られたパソコンには、2004年度から2006年度までの卒業論文ゼミ履修学生45名の個人情報が保存されていた。個人情報が悪用された被害などの報告は受けていないとしている。

同大学では、教職員に対し研修や文書通知により個人情報保護への注意喚起を行ってきたという。また事件の判明後に該当する卒業生に対し報告と謝罪をした。

(Security NEXT - 2007/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室
米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘
クイズ応募者情報を誤表示、負荷分散サービスの設定ミスで - 岡山放送
動物病院向け受付システムに不正アクセス - サービスが停止
ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
「ETCのアカウントを停止した」と不安を煽るフィッシング
「Chrome 90.0.4430.212」が公開、セキュリティ関連で19件の修正
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
自動返信メールで設定ミス、問合メールが全登録者に - トヨクモ
「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を