Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC管理ソフト「LogVillage」が機能強化 - Mac OS X版開発にも着手

蒼天は、機能を強化したクライアントPCの管理ソフトウェア「LogVillage 1.4」を発売した。

同製品は、Windowsがインストールされたクライアントパソコンにおけるログオンやアプリケーションの実効、ウェブアクセス、印刷、パッチの適用状況などの情報を収集、記録するセキュリティソリューション。クライアントPCにエージェントソフトをインストールせずに利用できる。

今回発売となる最新版の「LogVillage 1.4」では、アプリケーションソフトおよびハードウェアの資産情報管理機能を強化。ハードウェア構成などの情報管理にも対応。

マイクロソフトのアプリケーションについては、ライセンスIDごとのインストール状況など資産管理ができ、不正なコピーソフトの導入など監視することができる。今後は他ベンダーの製品にも対応していく予定だという。

また、監視対象となるクライアントPCの登録をウェブブラウザで行えるほか、管理画面の改善も行い、ユーザビリティの向上を目指したという。管理用データベースを組み込んだことで、従来管理において必要だったSQL Serverが不要となった。

さらに同社ではビジュアル・プロセッシング・ジャパンと提携し、Mac OS X版の「LogVillage」について共同で開発を進め、2007年6月ごろの完成を目指すという。

(Security NEXT - 2007/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス