Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC管理ソフト「LogVillage」が機能強化 - Mac OS X版開発にも着手

蒼天は、機能を強化したクライアントPCの管理ソフトウェア「LogVillage 1.4」を発売した。

同製品は、Windowsがインストールされたクライアントパソコンにおけるログオンやアプリケーションの実効、ウェブアクセス、印刷、パッチの適用状況などの情報を収集、記録するセキュリティソリューション。クライアントPCにエージェントソフトをインストールせずに利用できる。

今回発売となる最新版の「LogVillage 1.4」では、アプリケーションソフトおよびハードウェアの資産情報管理機能を強化。ハードウェア構成などの情報管理にも対応。

マイクロソフトのアプリケーションについては、ライセンスIDごとのインストール状況など資産管理ができ、不正なコピーソフトの導入など監視することができる。今後は他ベンダーの製品にも対応していく予定だという。

また、監視対象となるクライアントPCの登録をウェブブラウザで行えるほか、管理画面の改善も行い、ユーザビリティの向上を目指したという。管理用データベースを組み込んだことで、従来管理において必要だったSQL Serverが不要となった。

さらに同社ではビジュアル・プロセッシング・ジャパンと提携し、Mac OS X版の「LogVillage」について共同で開発を進め、2007年6月ごろの完成を目指すという。

(Security NEXT - 2007/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客宛のキャンペーン案内メールを「CC」送信 - MGT
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会
「Exchange Server」への攻撃、無差別かつ広範囲に - 米政府が全組織へ注意喚起
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
Apple、Macやスマートデバイス向けに重要なセキュリティアップデート
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
「サイバー防衛シンポ熱海2020」が開催 - チケット販売まもなく終了
委託先でランサム感染、市営住宅入居者情報が流出か - 旭川市
準備中だった「FileZen」のセキュリティアップデートがリリース
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令