Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バイク急便、セキュリティ輸送サービスをFC展開により全国規模へ

バイク急便は、機密書類など、重要物の配送に特化した輸送サービス「セキュリティ便」のフランチャイズ展開を発表した。

同サービスは、暗証番号による認証システムやGPS機能を搭載した専用のセキュリティケースを利用した輸送サービス。同社では関東圏を中心にサービス展開を実施していたが、個人情報保護や内部統制の実施など需要の高まりを受けて、フランチャイズ形式による全国展開を進める。

同社では、ウェブサイトなどで加盟店の募集を開始しており、FC加盟店に対して同サービスを運営するにあたって必要なセキュリティケースやセキュリティカーゴといったハードウェアのほか、受注システムや暗号化システム、セキュリティ教育などのソフトなどを提供する。

(Security NEXT - 2007/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、内部に顧客情報 - 衣料雑貨卸販売会社
「MS Edge」もアップデート - 悪用済み脆弱性に対応
個情委、野辺地町に行政指導 - 管理不備や報告遅滞で
eラーニング向けCMSに複数の脆弱性 - 実証コードなど公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
アート展の受賞決定を知らせるメールで誤送信 - 江戸川区
キャプティブポータルを提供する「OpenNDS」に複数の深刻な脆弱性
新機能を盛り込んだ「OpenSSL 3.2.0」がリリース
漏洩アカウント情報を調査、通知するサービス - IIJ
水道局の制御機器を狙うサイバー攻撃が発生 - 米当局が注意喚起