Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DCカードのグループ企業へ影響が拡大 - 大日本印刷の個人情報漏洩で

大日本印刷の個人情報流出事件により、ディーシーカードが預託していた個人情報が流出したことから、ディーシーカードのフランチャイズ加盟企業にも影響が拡大している。

フランチャイズ加盟企業は、ディーシーカードを通じてダイレクトメールの送付などを実施していたことから、今回流出した情報に各社の顧客情報が含まれていたもの。八十二ディーシーカードの1万件をはじめ、百五ディーシーカードでは9000件、愛銀ディーシーカードでは8000件が流出した。

また、滋賀ディーシーカードの8000件や京都クレジットサービスの7500件、福井ディーシーカードの2500件、富山ファースト・ディーシーの1500件のほか、ファミリーカード、やまぎんディーシーなど合計9社への影響が判明している。

いずれも氏名や住所、性別、生年月日、電話番号のほかカード番号が流出したが、有効期限や取り引き内容などは含まれておらず、現時点で被害報告も確認されていないという。各社では専用窓口の設置や謝罪状の送付のほか、現在も加入している顧客に対しては新しいカードを発行するなど、対応を進めている。

(Security NEXT - 2007/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市
「ビックカメラ」を装うフィッシング攻撃に注意を
QNAP製品のファームウェアに深刻な脆弱性 - 対象は限定的
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意
偽通販サイトの相談倍増 - 「大幅な値引き」に警戒を
2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加