Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワンコインでセキュリティ対策 - 中小企業向けのASPサービス

大塚商会は、トレンドマイクロ、およびクオリティとの協業により、月額500円のワンコインで基本的なセキュリティ対策が利用できるサービス「セキュリティワンコインサービス(基本パック)」を、3月1日より開始する。

同サービスは、ウイルス対策とWindows Updateの自動更新といった基本的なセキュリティ対策を提供する中小企業向けのASPサービス。1クライアントあたり月額500円と、わかりやすい価格体系を設定した。

ウイルス対策では、トレンドマイクロの「ウイルスバスター コーポレートエディション」における不正プログラムの駆除やパーソナルファイアウォールなどの機能が提供される。Windows Updateの自動更新では、クオリティが開発したツールを利用する。

ASPサービスのため、管理サーバを用意する必要はない。初期費用が2万1000円、月額利用料が1クライアント525円。5クライアントから利用できる。

(Security NEXT - 2007/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化