Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本政策投資銀行、業務情報含む私用PCが盗難被害 - 職員が無断でデータを持ち出し

日本政策投資銀行は、1月29日に関西支店勤務の職員自宅から取引先企業に関するデータが保存されていたパソコンが盗まれたと発表した。

被害に遭ったパソコンには、顧客企業の事業に関わる調査レポート12件や、専門家へのインタビューに関するメモ43件などが保存されていた。

これらのデータは同職員が無断で持ち出し、個人のパソコンに保存していたという。同行では警察に被害届を提出。該当する企業や関係者に対し、説明と謝罪をしているという。

(Security NEXT - 2007/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
検定試験の解答用紙を紛失 - 中国語検定協会
医師の患者情報入り私物PCが盗難、過去勤務先のデータも - 広島大病院
生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
個人情報含む工事関係書類が車上荒らし被害- 名古屋市上下水道局
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院