Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生約300名の個人情報含むPCなどが電車内で盗難 - 一橋大学

一橋大学の教員が電車内で盗難に遭い、学生約300名分の氏名や成績などが保存されたパソコンやUSBメモリが鞄ごと盗まれた。

同大学によれば、被害に遭ったパソコンとメモリには、同教員が担当した2005年度、2006年度の講義およびゼミの受講生約300名分の個人情報が保存されていた。学生の氏名、学籍番号、学部、学年、テストやレポートの成績などが含まれている。

同大学の教員が1月30日に帰宅する際、電車内で鞄ごと盗まれたという。被害届を提出したが、2月1日時点ではまだ見つかっていない。同大学では、個人情報の持ち出しを禁止していたが守られていなかったとして、周知徹底を図るとしている。

(Security NEXT - 2007/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
「ManageEngine Application Manager」に深刻なRCE脆弱性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
29日時点の「ドコモ口座」被害申告状況を発表 - NTTドコモ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討