Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩対策ソリューションにPC資産管理機能を追加 - キヤノンSS

キヤノンシステムソリューションズは、クライアントPCの資産管理機能をあらたに搭載した情報漏洩対策ソフト「PCGUARDIAN for Windows Ver.2.0」を、2月6日より発売する。

同製品は、機密情報へのアクセスを監視、制御することで不必要な持ち出しを防ぎ、情報漏洩を抑止するセキュリティソリューション。顧客名簿や機密情報の漏洩が発生した場合には、アクセスログを追跡調査することで原因や経緯を解明することができる。

今回発売となる新バージョンでは、クライアントPCのハードウェア構成やOS情報、インストールされているソフトウェア情報など各種資産情報を一元管理する機能を搭載。パッチの適用やウイルススキャンの有無、スクリーンセーバーロックの有無といった情報も同様に管理できるため、脆弱性のあるPCの発見やセキュリティポリシーの徹底などに活用することもできる。

また、禁止された操作を行った場合の通知機能を強化。ファイルやフォルダの暗号化機能も盛り込んだ。価格は、25ユーザーの場合76万1250円から。年間保守料金15万2250円が別途必要。

(Security NEXT - 2007/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
Instagramに偽アカウント - キングジムが注意喚起
「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
クラウド顧客管理システムに設定不備、調査で判明 - ホーユー
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
メール誤送信、情報共有せず他課で再発 - 那覇市
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運