Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩対策ソリューションにPC資産管理機能を追加 - キヤノンSS

キヤノンシステムソリューションズは、クライアントPCの資産管理機能をあらたに搭載した情報漏洩対策ソフト「PCGUARDIAN for Windows Ver.2.0」を、2月6日より発売する。

同製品は、機密情報へのアクセスを監視、制御することで不必要な持ち出しを防ぎ、情報漏洩を抑止するセキュリティソリューション。顧客名簿や機密情報の漏洩が発生した場合には、アクセスログを追跡調査することで原因や経緯を解明することができる。

今回発売となる新バージョンでは、クライアントPCのハードウェア構成やOS情報、インストールされているソフトウェア情報など各種資産情報を一元管理する機能を搭載。パッチの適用やウイルススキャンの有無、スクリーンセーバーロックの有無といった情報も同様に管理できるため、脆弱性のあるPCの発見やセキュリティポリシーの徹底などに活用することもできる。

また、禁止された操作を行った場合の通知機能を強化。ファイルやフォルダの暗号化機能も盛り込んだ。価格は、25ユーザーの場合76万1250円から。年間保守料金15万2250円が別途必要。

(Security NEXT - 2007/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 95」をリリース - 19件のセキュリティ修正
ドッグウェアの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
メール送信ミスでセミナー参加者のメールアドレスが流出 - 神奈川県
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
個人情報開示時に他患者情報が混入 - 三重県の医療センター
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC