Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で図書購入者43名のアドレスを流出 - 建設物価調査会

建設物価調査会は、同会発行の書籍購入者に対して1月19日にメールを送った際、誤ってアドレスが表示された状態で送信したと発表した。

誤送信が発生したのは、同会発行書籍に付属したCD-ROMの内容について訂正を案内するメール。購入者43名に送信した際、担当者の操作ミスにより、他受信者のアドレスが確認できる状態で送付された。

同会では該当者に対し謝罪のメールを送付。今後は複数担当者によるチェックや、事前のテスト送信を実施するなどの再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2007/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
セキュリティコミュニティ形成のプラクティス集を公開 - 経産省
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市