Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、Windows XP Home Editionのサポート期間を2014年4月まで延長

マイクロソフトは、Windows Vista発売に伴い、Windows XP Home Editionのサポートを2009年で打ち切る予定だったが、ユーザーへの配慮から延長を決めた。Windows XP Home Editionのサポート期間は、2014年4月までとなる。

同社では、コンシューマ向け製品のサポート期間を発売から5年、あるいは次期製品の発売から2年の長い方と設定しており、本日Windows Vistaが発売されたことから、本来は2009年4月となる予定だった。同社では、今回の延長について、「日本市場では同OSの利用者が多く、要望を重視した」としている。

今回の延長により、コンシューマー向けに発売されていたWindows XP Media Center Editionについても同様に延長となる。ビジネス向け製品は、本来よりコンシューマー向け製品のサポート期間に加え、5年間の延長サポートを設定しており、Windows XP Professional Editionは、当初通り2014年まで提供される。

(Security NEXT - 2007/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能