Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSなどITベンダー7社が情報セキュリティ推進コミュニティを立ち上げ

マイクロソフトをはじめとするITベンダー7社は、情報セキュリティ政策会議が定めた2月2日の「情報セキュリティの日」に合わせ、共同でセキュリティの啓蒙活動を推進していくとし、コミュニティを立ち上げた。

マイクロソフトや大手ISP、セキュリティベンダーなど7社が発起人となり「情報セキュリティ対策推進コミュニティ 運営事務局」を設置、「みんなで『情報セキュリティ』強化宣言! 2007」プログラムを展開するもの。活動の一環として専用のコミュニティサイトを立ち上げる。

同コミュニティサイトでは、情報セキュリティに対する活動など参加企業の取り組みを紹介。また参加企業は、各自のウェブサイトで共通のメッセージを発信したり、コミュニティへの参加を呼びかけるなど、情報セキュリティの啓蒙活動を推進する。2月6日に都内で主要参加企業によるキックオフを開催が予定されている。

また、総務省や情報処理推進機構,JPCERTコーディネーションセンター、日本ネットワークセキュリティ協会など、関連団体も後援する予定で、すでにコミュニティへの参加を表明した企業も10社を越えている。

(Security NEXT - 2007/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

がん検診受診予定者の個人情報をメール誤送信 - 浦河町
検証機能にバグ、ファイルの問題を検知できず展開 - CrowdStrike
米親会社委託先にサイバー攻撃 - 希少疾患の製薬会社
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正