Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、2006年のスパム発信国ランキングを発表 - 9割がゾンビPCからの送信

ソフォスは、2006年のスパム発信国ランキング、および不正プログラムをホスティングしていたサーバの国別ランキングをまとめた。

スパム発信国のワースト1はアメリカで、全体の22.0%を占めている。以下、中国(15.9%)、韓国(7.4%)、フランス(5.4%)、スペイン(5.1%)と続いた。同社によれば、スパムの90%が、ウイルスやトロイの木馬に感染し悪意ある第三者によって制御されたゾンビコンピュータから配信されているという。そのため、スパム送信者が必ずしも自国から送信しているとはいえないと分析している。

不正プログラムをホスティングしていたサーバの国別集計でも、アメリカが34.2%でワースト1となった。中国も31.0%と多く、3位は9.5%のロシアだった。日本は0.9%で11位。

同社は今後、メール拡散型のウイルスは減少する代わりに、ウェブサイトをねらった脅威が増加すると予測している。実際、同社の調査機関「SophosLabs」では、悪質なプログラムに感染したと思われるURLを平均5000件/日確認しているという。

また2006年の傾向として、メール配布型のスパイウェアが減少し、ダウンロード式のトロイの木馬が急増していることが挙げられる。トロイの木馬をダウンロードさせる悪質なサイトへ誘導するメールは、2006年12月には51.24%を占め、スパイウェアを含むメールの41.87%を超えた。2007年にはこの傾向はさらに加速すると予測している。

(Security NEXT - 2007/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

試写会の応募申込フォームに不備 - 神戸の商業施設
給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開