Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務パソコンを不正に持ち出した経験あり「7.4%」 - NRIセキュア調査

持ち出しが禁止されているにもかかわらず、ノートパソコンを持ち出した経験のあるユーザーが7.4%にのぼることがわかった。

NRIセキュアテクノロジーズが実施した意識調査「情報セキュリティに関するインターネット利用者意識2006」により判明したもの。同社では「個人情報に関する消費者意識調査」を2003年より実施しているが、今回内容を充実させ、インターネット利用に関する質問も追加。全国のインターネット利用者を対象に2006年11月に調査を実施した。

業務用のノートパソコンを持ち出しているユーザーは約4割で、さらに持ち出しを禁止されているにもかかわらず持ち出し経験があるユーザーも7.4%にのぼった。また社内LANにおける私有パソコンの利用が禁止されていない企業が半数近くあることが判明。個人パソコンの接続を禁止されているにもかかわらず、接続したユーザーも1.4%とわずかながら確認された。

個人情報の漏洩被害に関しては、調査を開始した2004年に20.4%を記録したがその後減少傾向にあり、今回は5.6%だった。一方で有料サービスに求めるセキュリティ環境は厳しく、「絶対に漏えいはして欲しくない」とする回答が64.6%だった。ウェブサイトへ入力時に抵抗を感じる情報としては、顔写真やクレジットカード、銀行の口座番号が多かったという。

(Security NEXT - 2007/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能