Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ケイティケイと日本ベリサイン、メールの署名、暗号化分野で協業

ケイティケイと日本ベリサインは、メールの署名、暗号化分野で協業すると発表した。両社は、送信元を詐称したなりすましメールや情報漏洩の防止、内部統制の構築といったメールに関するセキュリティの需要に応えていく。

両社は、電子署名の付加や暗号化が行えるktkのサーバ「SPIS-BOX」シリーズと、日本ベリサインのPKIサービス「ベリサイン マネージドPKIサービス」「ベリサイン セキュアメールID」を連携させ、システム管理者による証明書の発行やインポートといった作業の一括管理を実現。また、サーバでは、証明書と組み合わせメールの電子署名を付加することも可能で、フィッシング詐欺なども防止できる。

(Security NEXT - 2006/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート