Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、あらたなアウトソーシングやコンサルティングメニューを追加

シマンテックは、ワールドワイドを対象とした運用サービスとアジア太平洋および日本地域を対象とした7種類のITインフラ遠隔管理オペレーションサービスの提供を開始する。

ワールドワイドに展開するサービスは3種類で、「Symantec Data Protection Operational Services」では、データのバックアップやリカバリといった作業のアウトソーシングサービス。顧客企業内、遠隔地でも利用できる。

「Symantec Residency Services」は、専門家によるコンサルコンサルティングサービスで、常駐するスタッフは、「エグゼクティブ」「エキスパート」「テクニカル」の3種類から選択可能。

同サービスでは、2種類のメニューを用意しており、「Symantec Data Protection Residency Services」では、バックアップやリカバリを行うためのインフラ管理や体制の評価、インシデントの分析や予防、緊急対策プランなどを提供。「Symantec Antivirus Residency Services」では、ウイルス対策の常駐サービスで、インシデント処理の分析やベンチマーキング、レポートの提供など、総合プロジェクト管理を行う。

アジア太平洋地域を対象に提供する「ITインフラ遠隔管理」では、7種類のメニューを用意。デスクトップやモバイル機器などのアンチウイルス対策を管理するサービスをはじめ、ウェブコンテンツフィルタリングやメールセキュリティ、パッチ管理、メールのアーカイブ、メール監視、バックアップおよびリカバリを提供する。

(Security NEXT - 2006/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年1Qのダークネット観測パケット数は1187億 - NICTER
欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック
メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動