Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高砂市民病院、病状など含む患者情報がWinny流出

高砂市民病院から、患者の個人情報や診療情報などが流出していたことがわかった。

流出が確認されたのは、床ずれを発症している患者69名分の氏名、診察券番号のほか、発症日や傷の程度、使用薬剤、治癒年月日といった診療情報も含まれる。同病院の職員がデータを持ち出して自宅のパソコンで作業をしていたところ、Winnyを介してネット上に流出したと見られている。

同院では、詳細な原因究明を行うとともに、個人情報管理体制を構築し、再発を防ぎたいとしている。

(Security NEXT - 2006/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミスでセミナー参加者のメールアドレスが流出 - 神奈川県
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
個人情報開示時に他患者情報が混入 - 三重県の医療センター
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性