Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サークルKサンクス、個人情報記載の払込票25件を集荷過程で紛失

サークルKサンクスは、12月1日に顧客情報が記載された料金収納の払込票控えを配送中に所在不明となったと発表した。

所在が不明となっているのは、11月30日に奈良県天理市内にあるサークルK郡山インター店で扱った料金収納の払込票控え。顧客の氏名および住所が記載されたものが13件、氏名のみ記載されたものが12件。大阪府八尾市内の配送センターへ車で搬送する途中に所在がわからなくなったという。料金収納業務は完了している。

紛失判明後、集荷ルート全店や店舗の近隣などを捜索したが見つからず、警察に紛失届を提出。引き続き捜索を行っている。同社では該当する顧客に対し、個別に謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2006/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県