Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サークルKサンクス、個人情報記載の払込票25件を集荷過程で紛失

サークルKサンクスは、12月1日に顧客情報が記載された料金収納の払込票控えを配送中に所在不明となったと発表した。

所在が不明となっているのは、11月30日に奈良県天理市内にあるサークルK郡山インター店で扱った料金収納の払込票控え。顧客の氏名および住所が記載されたものが13件、氏名のみ記載されたものが12件。大阪府八尾市内の配送センターへ車で搬送する途中に所在がわからなくなったという。料金収納業務は完了している。

紛失判明後、集荷ルート全店や店舗の近隣などを捜索したが見つからず、警察に紛失届を提出。引き続き捜索を行っている。同社では該当する顧客に対し、個別に謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2006/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団
インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
資金移動業者との連携について会員行に注意喚起 - 全銀協
「ドコモ口座」経由の不正引出、23件があらたに判明
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「ドコモ口座」不正引出、2019年10月より120件 - 試行回数多くなくピンポイントに連携