Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信でアンケート会員の氏名やアドレスを流出 - マーケティングリサーチ会社

マーケティング事業などを手がけるトレンダーズは、12月8日にアンケートのメールを送信した際、会員1432名分の氏名とメールアドレスを含むファイルを誤って添付、送付したと公表した。

同社によれば、「謝礼500円!6つのテーマに関するアンケート」のメールを送信する際、アンケートの会員登録をしている1432名分の氏名とメールアドレスが記載されたファイルを、誤って添付した状態で1344名に送ったという。

受信者からの連絡で判明し、誤送信メールの削除を依頼するメールを送付した。謝罪の電話や文書を送付するなど個別に対応しているという。

(Security NEXT - 2006/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性