Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、アクセス制御技術に関する研究開発情報を募集

経済産業省は、アクセス制御機能の研究開発技術に関する情報を募集を行っている。締め切りは12月15日。

同省と国家公安委員会は、不正アクセス防止法に基づき、アクセス制御技術の研究開発における状況を毎年発表している。

今年度については2月に発表を予定しており、今回の募集は、発表資料に掲載する情報を公募しているもの。募集分野は「ファイアウォール技術」「侵入検知技術」「その他認証技術等」。

(Security NEXT - 2006/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
Adobeがアドバイザリを公開、3製品の深刻な脆弱性を解消
「FortiOS」にXSSなど複数の脆弱性が判明
日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
指定管理者がファイルを取り違え、個人情報を誤掲載 - 熊本市
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起