Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡銀行、NTTコムウェアのフィッシング対策ソリューションを導入

静岡銀行は、電子透かしを活用したフィッシング対策ソリューションを導入した。

今回導入したのは、NTTコムウェアが開発した電子透かしを利用するフィッシング対策ASPサービス「PHISHCUT」。

NTTコムウェアのサーバと利用者パソコン内のソフトが連携し、ウェブサイトに埋め込まれた電子透かしを利用することで、正規サイトとフィッシング詐欺サイトを見分けることができる。

(Security NEXT - 2006/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店