Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大丸京都店、化粧品売り場の顧客情報入りメモリカードが所在不明に

大丸は、京都店の1階化粧品売り場において、顧客情報を含むSDカードおよび小型端末機の紛失が発生したと発表した。

所在不明となっているのは、SDカードと小型端末機。カードには、2003年8月末日時点で登録されていた顧客の氏名、住所、電話番号などが記録されていた。その後の調査により、同カードと端末機は約1年半前に廃棄処分された可能性が高いことがわかった。

同カードには、パスワードによるセキュリティ措置が施されていた。同社では、顧客情報の取り扱いに関する規則を周知徹底し、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)