Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「アフィリエイト広告のガイドライン」を業界団体が策定

アフィリエイトサービス事業者などが参加する業界団体であるアフィリエイト・サービス協会は、「アフィリエイト・ガイドライン」を公表した。

同ガイドラインは、アフィリエイト広告の消費者保護や社会的な認知度向上などを目標としたガイドライン。アフィリエイトサービスにおける掲載者の不正行為や消費者への配慮が不十分な広告主、場合によっては詐欺商法などに用いられるといった状況などを配慮し、同協会が2006年2月より検討を重ねてきたもの。同協会によれば、同様のガイドラインは、世界でも他に類を見ないという。

アフィリエイトサービス提供者、広告主、アフィリエイトパートナーの遵守すべき行動を規定しており、個人情報保護をはじめとするコンプライアンスに関しても言及している。また、不正行為へ対抗するシステムを構築し、統一基準による対処を実施することを目指すという。

(Security NEXT - 2006/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート