Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

沖電気、FWやIDSとの連携機能を実現したトラフィック監視システム

沖電気工業は、ファイアウォールやIDSなどすでに導入しているセキュリティシステムなどとの連携機能を実現した異常トラフィック監視システム「Secure Traffic Probe Ver2.5」を発売する。

同製品は、社内ネットワークをリアルタイムに監視して状況の保存や解析を行えるセキュリティソリューション。今回追加された外部セキュリティシステム連携機能により、ファイアウォールや侵入検知システムなどの外部機器が異常を検知した際のネットワーク状況を保存できるようになった。

また、過去のデータから必要な情報のみを抽出できる事後分析機能や、アラート蓄積データベースから指定した期間のアラートのみを抽出してメールで通知するアラートサマリー機能なども追加された。

(Security NEXT - 2006/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都立高で生徒情報含むファイルを紛失 - 生徒間に画像が拡散し判明
電子版会員の個人情報がウェブから閲覧可能に - 熊本日日新聞
がん検診受診予定者の個人情報をメール誤送信 - 浦河町
検証機能にバグ、ファイルの問題を検知できず展開 - CrowdStrike
米親会社委託先にサイバー攻撃 - 希少疾患の製薬会社
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正