Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、セキュリティソリューション「SafetyRing」に3製品を追加

富士通は、セキュリティソリューション「SafetyRing」に手のひら静脈認証による「入退室管理システム」など3製品を追加し、ラインナップを強化した。

今回追加となったのは、「手のひら静脈入退室システム」や、印刷物に関するセキュリティを実現する「印刷セキュリティ」。さらに富士通エフ・アイ・ピーと共同で開発した地震発生時の警報システムを用意。今回の製品追加により、全16ソリューション、140製品となった。

また、同社では、今回のラインナップの強化に合わせ情報セキュリティの技術的基本方針をまとめたドキュメント「Enterprise Security Architecture」を公開しており、アーキテクチャー策定を支援したいとしている。

(Security NEXT - 2006/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2Qの脆弱性届け出は112件 - 前四半期から半減
高校生向けセミナーの申込フォームで設定ミス - 岩手県立大
6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中