Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

埼玉りそな銀でパスワード詐取による不正取引が発生

埼玉りそな銀行は、同社インターネットバンキングにおいて不正取引の被害が発生したことを受け、注意するようアナウンスしている。

同行によれば、インターネットバンキングで利用するパスワードが盗まれたことにより、身に覚えのない振り込み行われた事件が1件発生したという。同行では、同行システムにおいて情報流出は発生していないとしている。

同行は、不特定多数が利用する環境におけるインターネットバンキングの利用や、心当たりのない添付ファイルを開いたり、怪しいウェブサイトなどへアクセスした場合、情報が詐取される可能性があるとして、行わないよう注意を発している。

また、同行が導入しているスパイウェアなどによる被害を防止するセキュリティサービス「nProtect:Netizen」を活用してほしいとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2006/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
「デジタルリテラシー協議会」設立 - スキルフレームワークを公開