Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

卒業生の情報がWinny上へ流出 - 首都圏学習塾

国大セミナ?は、同学習塾の卒業生に関する情報が7月にWinnyネットワーク上へ流出したことを公表した。

今回の事件は、すでに退職した元従業員のパソコンにウイルス感染により流出したもの。卒業生リスト2188件をはじめ、卒業した生徒の成績表502件、生徒名簿127件などが流出。さらに、講習費用未払いリスト300件や講師名簿500件なども流出した。

同社では、7月にリストに記載された関係者と在籍者に対して事情の説明と謝罪を実施。また、経済産業省と全国学習塾協会へ事態を報告したという。

今後、アクセス制限や私用パソコンの利用禁止など、セキュリティ対策の強化を実施し、プライバシーマークの取得なども目指すという。

(Security NEXT - 2006/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
「デジタルリテラシー協議会」設立 - スキルフレームワークを公開
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
「Firefox 88」が登場、13件の脆弱性を修正
入園者宛の案内メールで送信ミス - 保育所運営会社
トレンド製パスワード管理製品に脆弱性 - アップデートが公開