Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国民生活審議会、個人情報保護法の検討課題をとりまとめ

内閣府国民生活審議会の個人情報保護部会は、個人情報保護法の施行状況を調査し、検討課題をまとめた。

まとめによれば、事業者により取り組みに差があり、中小企業など真摯に取り組んでいるがゆえに、負担となっている事業者がある一方、対策が不十分な事業者もあると指摘。悪質な事業者に対する監督の強化なども検討課題としている。

また、法律の対象を保有する個人情報が5000件を越える場合としている点の妥当性や同窓会や自治体といった団体の取扱なども検討課題としている。

さらに法律の理解が正しく行われず、「過剰反応」が発生しており、法律の解釈や運用基準の明確化やガイドラインの見直し、啓蒙活動の必要性があるとしている。

(Security NEXT - 2006/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応