Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政機関と独立法人で発生した個人情報関連事故は1175件

総務省は、2005年度の行政機関や独立行政法人における個人情報保護法の施行状況をとりまとめ、公表した。

個人情報保護法施行後、はじめての調査となる。管理規則などはすべての機関で整備されており、監査や点検、教育なども一部で未実施ながらも広く実施されているという。個人情報を含むファイルは、行政機関が8万0624個、独立行政法人が1万8794個を保有している。

個人情報漏洩や滅失、毀損事件は、行政機関において320件が発生。さらに独立行政法人では855件の事故が発生しており、いずれも誤送付や誤交付、誤送信が多かったという。すべての事故において、事後対応として、教育や研修などが行われているという。

(Security NEXT - 2006/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化
「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
情報学の教科書入荷メールで誤送信 - 北大生協
建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都
国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス