Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、統合的なメールセキュリティ機能を提供するASPサービスを開始

インターネットイニシアティブは、迷惑メール対策や暗号化、メールの保管などメールに関するセキュリティ機能を統合した「IIJセキュアMXサービス」を、10月1日より提供開始する。

同サービスは、企業内のメールシステムとインターネットの間に設置したゲートウェイサーバを介して、メールに関するセキュリティ機能を統合的に提供するもの。ASP型サービスのためシステムを自社内で運用することなく、既存のメールシステムを変更せずに利用できる。

提供されるおもな機能は、迷惑メールフィルタやウイルスブロック、送受信経路の暗号化、ログのダウンロードなど。メールの保管機能や、設定キーワードを含むメールの送信を防ぐ監査機能などは、オプションとして提供される。

(Security NEXT - 2006/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加