Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、統合的なメールセキュリティ機能を提供するASPサービスを開始

インターネットイニシアティブは、迷惑メール対策や暗号化、メールの保管などメールに関するセキュリティ機能を統合した「IIJセキュアMXサービス」を、10月1日より提供開始する。

同サービスは、企業内のメールシステムとインターネットの間に設置したゲートウェイサーバを介して、メールに関するセキュリティ機能を統合的に提供するもの。ASP型サービスのためシステムを自社内で運用することなく、既存のメールシステムを変更せずに利用できる。

提供されるおもな機能は、迷惑メールフィルタやウイルスブロック、送受信経路の暗号化、ログのダウンロードなど。メールの保管機能や、設定キーワードを含むメールの送信を防ぐ監査機能などは、オプションとして提供される。

(Security NEXT - 2006/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る