Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本コモド、ルート認証局の公開鍵長を2048ビットへ強化

日本コモドは、同社が運営するSSLサーバ証明書のルート認証局で新しい証明書を採用すると発表した。

あらたに採用される公開鍵の証明書は2048ビットで、ルート認証局は「UTN-USERFirst-Hardware」。署名アルゴリズムについても従来のmd5からsha1へ変更した。発行は、10月23日より開始する。今回の変更による従来発行したサーバ証明書への影響はない。

同社は、今回の変更に伴い有効期限が3年間となるサーバ証明書の発行を開始する予定。価格は12万6000円。1年(6万3000円)や2年(9万4500円)の証明書より割安に設定されている。

(Security NEXT - 2006/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
「Firefox 88」が登場、13件の脆弱性を修正
入園者宛の案内メールで送信ミス - 保育所運営会社
トレンド製パスワード管理製品に脆弱性 - アップデートが公開
不動産投資クラウドファンディングの事前登録者メアドが流出
個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
「WordPress」に2件の脆弱性 - 「同4.7」以降にアップデートを提供
デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA