Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ミスで登録会員のアドレス258件を流出 - 東京都現代美術館

東京都は、8月30日に東京都歴史文化財団が運営する東京都現代美術館において案内メールを送信する際、誤って配信先258名のメールアドレスを流出させたことを発表した。

東京都生活文化局によれば、誤送信が発生したのは、同美術館が開催する美術館教育プログラムの案内を配信する「教育普及メールニュース」第3号。同財団職員のミスにより配信先の複数メールアドレスを宛先に設定して送信。配信登録者258名分のアドレスが流出した。

送信後にミスに気付き、送信者全員に対し謝罪のメールを送った。メール送信システムの見直しや職員の研修など再発防止を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
ペットフード通販サイトの顧客情報が窃取被害 - 一部データの消去も
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
中学校生徒の個人情報含む修学旅行のしおりを紛失 - 仙台市
子育て支援センターの登録者カードが所在不明 - 新潟市