Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISP利用者にスパム振り分け機能を提供 - ジュピターテレコム

ジュピターテレコムは、「迷惑メール撃退サービス」に迷惑メール自動振り分け機能を追加する。J:COM NETプレミア/J:COM NET/J:COMライトネットのユーザーは無料で利用できる。

追加される機能は、データベース上に迷惑メールなどのパターンを登録しておくことで、受信したメールの自動振り分けを実施できるもの。振り分けたメールは、ウェブメールより確認することもできる。

また、マスメール配信型ウイルス感染によるスパムメールの発信を防止するとして、25番ポートの規制を開始するとしている。

(Security NEXT - 2006/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委見解受け再精査、個人情報流出の可能性ありと判断 - こころネット
「個人情報を考える週間」がスタート - 啓発活動を展開
macOSの既知脆弱性「CVE-2024-27842」に実証コード
実際に確認された巧妙な「ビジネスメール詐欺」 - IPAが事例集
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
Synology製監視カメラのファームウェアにサービス拒否の脆弱性
「Ruby」のXMLパーサーライブラリにDoS攻撃受けるおそれ
図書館向け資料検索システム「VuFind」に複数の脆弱性
学童保育施設でメール誤送信、抽選結果に別人氏名 - 鎌倉市
TP-Linkの監視カメラやネットワーク設定用アプリに脆弱性