Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、ルートキットを駆除するツールを無償提供

ソフォスは、不正プログラム「ルートキット」を検出し、駆除するツール「Sophos Anti-Rootkit」の無償提供を開始した。

同社によれば、今回無償提供されるツールは、未知のルートキットも含めて検知、駆除することができ、他社のウイルス対策ソフトとの併用も可能だという。検知したルートキットを削除する場合、OSに影響を及ぼす可能性がある場合には警告を表示する。同社のサイトから無償でダウンロードできる。

ルートキットは、バックドアの構築やデータの詐取、不正ソフトの実行ログの隠蔽など、不正アクセスのための機能をまとめたツール。パソコンの不正操作や個人情報の詐取、踏み台などに悪用されるおそれがある。

(Security NEXT - 2006/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ドコモ口座」不正引出、2019年10月より120件 - 試行回数多くなくピンポイントに連携
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
入札情報の公開データに個人情報、のべ1.6万人分 - 新潟県
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集