Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラブ会員2486名の個人情報をメール誤送信 - ワイズテーブルコーポレーション

ワイズテーブルコーポレーションは、イベント案内メールを送信した際、同社が運営するクラブの会員2486名分の情報を誤って流出させたことを公表した。

誤送信が発生したのは、同社が運営するクラブの会員宛てに送られたイベント案内メール。251名に対して送信されたメール内に、2486名分の個人情報が記載されていた。そのうち2165名は住所が、321名は住所とメールアドレスが含まれる。氏名の流出はなかったとしている。

8月9日に誤送信の事実を確認。その後、誤送信先に謝罪し同メールの削除を依頼した。また、データ流出の対象となった会員に対して、書面にて謝罪するという。

(Security NEXT - 2006/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も