Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神奈川県、個人情報記載の資料などが車上荒らし被害に

神奈川県は、8月11日、県北地域県政総合センターの職員が車上荒らしに遭い、個人情報42件が記載された名簿などが盗まれたと発表した。

被害に遭ったのは、「小松・城北」里山を守る会の委員会において過去に配布された書類。会員42名分の氏名、住所、電話番号などが記載された名簿のほか、地区名と氏名が記載された研修会資料なども含まれていた。委員会開催前に立ち寄ったレストランの駐車場で、被害に遭ったという。

同センターでは、該当する関係者に対し事実説明と謝罪をするとともに、職員に対し個人情報の管理徹底を改めて指導するとしている。

(Security NEXT - 2006/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
モニター宛てのメールで誤送信、メアド流出 - 中部電力
総務省、ネットトラブルの事例集に誹謗中傷に関するトピック追加
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - つくば市