Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を置き引きで持ち去られる - 大阪の冠婚葬祭事業者

京阪互助センターは、置き引き被害に遭い、顧客情報が記載されたノートを持ち去られたと発表した。

8月9日に、同社の淀川営業所の従業員が置き引きに遭い、顧客管理ノートが盗まれたもの。自転車のかご入れたまま離れた隙に持ち去られたという。

同ノートには顧客68世帯分の氏名、住所、電話番号、入会日、契約種別などが記載されていた。そのうち2名は口座番号も含まれるという。該当する顧客に対し直接訪問して謝罪した。

同社では、7月16日にも代理店の従業員が車上荒らしに遭い、50世帯分の氏名、住所、電話番号、入会日、契約種別、初回金額などが記載されていた顧客管理ノートが盗まれている。

同社では、個人情報の車内放置禁止など、外出先での保管ルールを指導徹底して、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「ドコモ口座」通じた不正出金、あらたに5件を確認
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏