Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR北海道、工事関係書類6件がWinny流出

JR北海道社員の私用パソコンがウイルス感染に感染し、工事関係書類がWinnyを介して流出したことが明らかとなった。

流出したのは、青函トンネル工務所管内の過去の道床交換工事に関する書類および見積査定書。2004年度の2件と2005年度2件が含まれる。また、2006年9月に発注予定である作成中の工事関係書類2件分も含まれていた。

8月1日に流出が判明し、その後の調査で、同社員がデータをUSBメモリに保存して持ち出していたことがわかった。USBメモリを個人のパソコンに接続したが、ウイルスに感染していたためにWinnyを介して流出したという。

同社では、流出した過去の情報については、今後の工事発注業務に影響を及ぼすことはないとしている。今後発注予定であった分については、工事計画の練り直しなどの対策を実施するという。

同社では、ファイル交換ソフトの使用禁止、業務データの持ち出し禁止、個人パソコンの業務利用禁止といった内規を徹底し、再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2006/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月